つけものやのおつけもの平野商店



阿蘇地域では3月に「たかな漬け」を各家庭で漬ける伝統風習があります。皆が集まって腰を屈めながら茎を折って採る「たかな折り」という手作業です。

たかな漬けは阿蘇の伝統食として有名ですが、その他にもさまざまな野菜を漬物にする文化があるため、阿蘇には「漬物屋さん」専門店がいくつかあります。

その中のひとつが、黒川温泉街にある「つけものやのおつけもの平野商店」です。

 

このお店の一番の名物は、大根まるごと1本漬けです。この商品、「お漬けもの日本一決定戦」で金賞を受賞しました。大根の他にも人参やキュウリのまるごと1本漬けがあり、見た目のインパクトからおみやげによく選ばれています。

 

また、地元の野菜を中心にして、素材の味を十分に引き出しサラダ感覚で食べられる浅漬け商品も多くあります。ごはんのお供にももちろんですが、お酒の肴にもいいですね。

ポリポリの食感とやさしい味は、食べだすと止まらなくなってしまいます。



長芋、みょうが、セロリなど、なかなか見かけない野菜の漬物がありました。「どんな味なのだろう」って思いませんか。

このお店では、ほとんどの商品が無料で自由に味見ができます。 他にも、しっかりじっくり漬け込んだ古漬け、根強い人気の佃煮など、常時30種類くらいの試食が可能です。

お店のスタッフは、3人で販売と漬物作りをローテーションしているそうです。

漬物は手作業で、冬の寒いときにも素手でひとつひとつ愛情を込めて桶から取り出し、袋詰めをされています。みなさん漬物作りのプロでもありますので、直接、漬物のお話を聞くことができます。



お客様はリピーターさんがとても多く、漬物を買うために黒川温泉に来て、ついでに温泉に入るという人もいらっしゃるそうです。 「一度買っていただいたお客様の顔は覚えるようにしています」とスタッフさん。近況報告や悩み相談をしていく人もいるそうです。

この店の魅力は漬物の味もさることながら、スタッフの魅力も大きいと感じました。 お漬物に興味がある方は、このお店の常連さんになってみませんか。



つけものやのおつけもの平野商店
所在地/〒869−2402 熊本県南小国町満願寺北黒川6592−2
電話番号/0967-44-0214
営業時間/9:00〜17:00
定休日/無休
 
by 奥村 知己