黒川温泉の「清明」 〜養蜂箱を設置しました〜


先週は寒の戻りで雪がちらつくこともありましたが、ようやく穏やかで過ごしやすい日々が戻ってきました。

季節は二十四節気の「清明」です。「すべてのものが清らかで明るい時期」の言葉どおり、木々の芽吹きや小さな生き物たちを目にするようになりました。




ただ、温泉街の桜の見頃についてはもう少し先になりそうです。車で10分離れた南小国の街中の桜は8分咲きでしたからあと数日から1週間で満開になると思います。

ソバの白い花が一面に咲く黒川温泉の畑に、先日養蜂箱を8個設置しました。環境景観部が中心となりソバの花にやってくるニホンミツバチから蜂蜜を採取する試みをはじめました。8個の半分でも巣づくりしてくれたらと願っています。